肘内障

肘内障

こんにちは!とも芦屋接骨院です!

今日は小さなお子さんによくみられる怪我についてお話しようと思います!

肘内障(ちゅうないしょう)とは、
肘の”亜脱臼”のことです。肘の靭帯が肘の骨からズレることによって起きます。
2~6歳のお子さんに多く見られます。

原因としては

・手を繋いでて転びそうになった子供の腕を引っ張る

・子供の両手を持って、ぐるぐる回す遊びをする

・洋服を勢い良く脱がせた

など小さなお子さんのおられるご家族にとってはよくある話だとあります。

いわゆる「肘が抜けた」という状態ですね。

肘内障になると子供は痛みで泣きだし
腕をだらんとしたまま動かそうとしなくなりす。
肘内障かな?と思ったら両手をあげてバンザイが出来るか聞いてみましょう。
肘内障の場合は腕を挙げられません。

泣き止んでも治ったことではないので、
適切な処置が必要です。

ただここで気をつけたいのが、骨折かどうかも確認が必要になってきます。
これを見逃してしまうと大変なことになります。

見分け方としては、

骨折
・痛い部分が腫れている
・手の指が変色している
・手の指、腕も動かない。
・子供の手を触れると触られてる感覚がないという

この中のどれか1つでも当てはまれば、
レントゲンの検査が必要ですので、
病院の受診をしてください。

肘内障は
・腫れることはない
・指は動く
・指の変色はない

この様な違いがあるので、お子さんが泣いていても確認してください!

亜脱臼しているので整復する必要があります。

整復方法は
・回内法
・回外法
があります。

2つの方法どちらかをやると「プチッ」とクリック音がお子さんが泣いた時は成功したと考えることができます。

5分~15分ほど時間おいてバンザイをしてもらうと元通りに動くようになります。

1回なってしまうとまたなりやすいので手を引っ張らないように気をつけてあげてください!

とも芦屋接骨院では全スタッフ国家資格を保持している為心配な方はお越しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

ばね指

次の記事

手根管症候群New!!